2021年3月3日(水)~3月5日(金)
オンライン開催(Zoom)

オンライン発表形式

口頭発表・ポスター発表は、Zoomミーティングを使用して行います。

口頭発表

口頭発表される方は、以下の点にご注意下さい。

  • 登壇者はセッション開始までに座長へ出席確認を行ってください。
  • 口頭発表の発表時間は、1件あたり20分(発表12分、質疑7分、発表者交代1分)です。時間厳守でお願いいたします。
  • 発表には「画面を共有」機能を使用します。登壇者はセッション開始までに発表資料が画面共有できることを確認してください。
  • 発表中、登壇者はビデオをオンにしてください。

ポスター発表

ポスター発表される方は、以下の点にご注意下さい。

  • 登壇者は発表時間になったら指定されたZoomミーティングに入室してください。
  • 発表には「画面を共有」機能を使用します。登壇者はポスターを画面共有して、ビデオをオンにした状態で待機してください。
  • ポスターはA0サイズを上限として1枚で作成してください。
  • ポスターのPDFファイルを「e-poster」として提出することで、ポスターを参加者限定で事前公開することができます。e-posterの提出方法は、後ほどご案内します。
    e-posterは、ダウンロードや印刷防止のため、pdf no saveというサービスを利用してセキュリティの加工をします。
  • e-posterのPDFファイルを作成する際に以下の事項にご留意ください。
    ① PDFのセキュリティパスワードは設定しないでください。
    ② ハイパーリンクは作成環境により無効になることがあります。
    ③ アニメーションgifは掲載できません。静止画で作成してください。
    ④ 図表は単色での作成を推奨します。利用ソフトなど作成環境によりグラデーションは表現できない可能性があります。
    ⑤ macOS版のIllustratorで作成する場合、「互換性の高いPDF」として保存してください。

コンテンツガイドライン

オンラインによる学会発表は、著作権法上の「公衆送信」(自動公衆送信による再送信)に相当すると考えられます。
オンライン学会発表におけるコンテンツの著作権は、発表者に帰属します。当該コンテンツが第三者の権利や利益の侵害問題を生じさせた場合、発表者が一切の責任を負うことになります。

ガイドラインを参考に、ご自身の判断で発表資料(コンテンツ)を作成してください。なお、本ガイドラインを守れば絶対に著作権問題が起きない、というわけではありません。また、本ガイドラインをすべて守らないと著作権問題が起きるというわけでもありません。

> > 日本LCA学会研究発表会 コンテンツガイドライン


↑page top