japaneseenglish

講演と討論会「温室効果ガスの削減貢献量」

  • 日 時:
    平成30年2月9日(金)13:00 - 17:00
  • 会 場:
  • 主 催:
    日本LCA学会
  • 共 催:
    LCA日本フォーラム
  • 後 援:
    経済産業省(予定)
    一般社団法人 日本経済団体連合会
    Forum for Sustainability through
    Life Cycle Innovation, FSLCI
    The Life Cycle Initiative
  • 【開催趣旨】
  • 低炭素社会の実現には、生産段階だけでなく、使用段階等を含めた、製品・サービスのライフサイクル全体における排出量削減が重要となる。そのため、製品の使用段階も含めた社会全体での温室効果ガスの排出削減量を算定することが広く行われるようになっている。しかし、その算定方法は実施者によってまちまちである。

    そこで、「日本LCA学会・環境負荷削減貢献量研究会」では、算定方法の標準化を目指して2015年に「温室効果ガス排出削減量算定ガイドライン」を発行した。さらに最近は、削減貢献量を算定する時に必要となるベースラインの設定方法を具体的に示す活動を行っている。本講演・討論会では。この研究会の活動を中心に、温室効果ガスの排出削減量算定に関する内外の状況を紹介する。

    温室効果ガスの排出削減貢献量の算定は産業界で進んでいるが、本質的に製品比較であること、また、実際の削減量ではなく仮想的な量であることから、LCAの関係者には算定を躊躇する専門家もいる。本講演・討論会では、このような意見も紹介し、それに対する考え方を議論する。

    多数の方の参加と、活発な議論を期待します。

削減貢献量の算定についてアンケートにご協力ください。

アンケートはこちら:https://jp.research.net/r/ILCAJ_questionnaire_avoided_emissions

  • 【参加費】:無料
  • 【定員】:120名
  • 【参加申込】:
    こちらよりお申し込みください
  • 【プログラム】 ※開始時間と進行時間は変更される可能性がありますのでご了承ください。
  • 13:00-13:05
    開会挨拶
    日本LCA学会環境負荷削減貢献量評価手法研究会 主査 稲葉 敦
    (工学院大学 教授)
    13:05-13:20
    グローバル・バリューチェーンを通じた削減貢献の見える化について
    経済産業省産業技術環境局環境経済室長 亀井 明紀
    13:20-13:35
    低炭素社会の構築に向けた取組み
    一般社団法人 日本経済団体連合会 環境エネルギー本部
    主幹 谷川 喜祥
    13:35-13:45
    日本LCA学会のガイドライン
    国立研究開発法人産業技術総合研究所 本下 晶晴
    13:45-14:30
    ベースラインの設定方法(1) 電機製品  パナソニック株式会社 佐々木 秀樹
    ベースラインの設定方法(2) 自動車 日産自動車株式会社 (予定)
    ベースラインの設定方法(3) 素材 旭硝子株式会社 池田 文彦
    14:30-14:40
    休憩
    14:40-15:00
    WRIのレポートと考え方
    World Resources Institute Stephen Russell
    15:00-15:20
    ICCAのコンサルテーションについて
    Ecofys, a Navigant company Annemarie Kerkhof
    15:20-15:40
    企業活動と削減貢献量
    Harvard School of Public Health  Dr. Gregory A. Norris
    15:40-16:55
    総合討論
    [進行]日本LCA学会・環境負荷削減貢献量研究会
    主査 工学院大学 稲葉 敦
    [削減貢献量についてのアンケート結果]
    一般社団法人産業環境管理協会 鶴田 祥一郎
    16:55-17:00
    閉会挨拶
    日本LCA学会 会長 森口 祐一
    (東京大学 教授)

問合せ先

(株) シーエーティ (日本LCA学会事務局)

〒231-0002 横浜市中区海岸通3-9 横浜ビル210号室

TEL:045-228-7696 FAX:045-228-7697

E-mail: secretariat@catcorp.jp