トップページ研究会>環境負荷削減貢献研究会

日本LCA学会 研究会

研究会-環境負荷削減貢献量評価手法研究会

講演と討論会「温室効果ガスの削減貢献量」(2018.2.9)

https://www.ilcaj.org/ws/ws20180209.php 

日本LCA学会「温室効果ガス排出削減貢献量ガイドライン」公開(2015.3.16)

温室効果ガス排出削減貢献量ガイドライン(英文)を研究会が発表(2015.8.13)
Guidelines for Assessing the Contribution of Products to Avoided Greenhouse Gas Emissions Ver.1-1

 

目的と活動概要:

最近、日本化学工業協会の活動を始めとして、「製品の環境負荷排出削減貢献量」を計算する試みが各所でなされるようになってきた。主として、「現在存在する製品がなかりせば」と仮定して、その製品が存在することでなし得たCO2などの環境負荷排出の削減量を計算することが行われている。したがって、過去の環境負荷削減量を定量化する試みと考えられるが、その製品がない状態をどのように定義するかということなど、手法として不明確な点が多い。また、将来の環境負荷削減貢献量を計算することも行われているが、この場合には将来のシナリオ(ベースライン)をどのように設定するかという問題がある。

本研究会では、産業界における製品の環境負荷排出削減貢献量の計算の事例を収集し、その課題を抽出することで環境負荷削減貢献量に関する考え方を整理すると共に、評価手法としてのあるべき姿を考え、CO2排出削減貢献量の計算方法のガイダンスをとりまとめる。

 

活動計画:

研究会を2ヵ月に1回程度開催する。

研究会では以下の事項を検討する(予定)

  • 製品のCO2排出削減貢献量の計算の実態調査
  • あるべき方法論の議論
  • ガイダンスのドラフテング
  • ガイダンスのドラフトを検討するワークショップの開催 他

 

主な研究会構成員:   

  • 稲葉 敦  (工学院大学)
  • 本下 晶晴 (産業技術総合研究所)他     

  • 研究会参加希望の方は、学会事務局までお申し込みください。

<<2018年の活動>>

第20回研究会

  • 日 時: 2018年7月19日(木)15:00 ~17:00
  • 場 所: 工学院大学 新宿キャンパス 20F A-2061室(第6会議室)
  • 議事内容:
    • 1. 削減貢献量の算定に関するヒアリング
    • 日本製紙連合会、日本鉱業協会
    • 2. 今後の活動計画

第19回研究会

  • 日 時: 2018年6月1日(金)13:00 ~15:00
  • 場 所: 工学院大学 新宿キャンパス 11F A-1165室
  • 議事内容:
    • 1. WRIの調査報告書(最終ドラフト)の概要
    • みずほ情報総研 内田裕之
    • 2. METIのガイドラインについて
    • みずほ情報総研 内田裕之
    • 3. 工業会へのアンケート結果
    • 工学院大学  稲葉 敦
    • 4. 今後の進め方

第18回研究会

  • 日 時: 2018年1月25日(木)16:30 ~18:30
  • 場 所: 工学院大学 新宿キャンパス 19階(第1913議室)
  • 議事内容:
    • 「講演と討論会」にむけて
    • ・ベースラインの設定方法         
    • 電機製品 パナソニック 佐々木         
      自動車  日産自動車  磯部         
      素 材  旭硝子    池田      
    • ・削減貢献量についてのアンケート結果      
    • ・その他のプログラムに関して

<過去の活動>

2017年以前の活動

TOPへ戻る